kharukaのブログ~お金と技術とキャリア~

Edu Fin~金融×教育~若いうちからお金について学ぶってだいじ!自分が学んだテクノロジーはみんなの財産!過去、今、将来の人生!についてのブログ

【仮想通貨】仮想通貨始めました(2018年5月10日中間報告)

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

背景

仮想通貨売買を始めることにしたきっかけは、宝くじより仮想通貨の方がリターンが大きいのか検証するためです。

コメント

ビットコインを中心に資産回復して来ています!

暴落後仮想通貨を購入した方は利益が出ているかも?

3~5年後、無価値になるか100倍以上になるか楽しみですねー。笑

仮想通貨取引をまだ始めていない方は記事の「主な仮想通貨取引所」で紹介している取引所から是非!

ポートフォリオ

通貨 表記 金額
JPY 2,500.595
ビットコイン BTC 0.01
イーサリアム ETH 0.055
モナコイン MONA 5
リップル XRP 15

パフォーマンス

西暦/月/日 元本(円) リターン(円)
2018/1/10 26,000 25,825
2018/4/10 26,000 14,713
2018/5/10 26,000 21,068
2018/9/10 26,000 xxx
2018/12/10 26,000 xxx

トータルリターン

xxx円

主な仮想通貨取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨(ビットコイン)のFX・売買なら | GMOコイン

【DMM Bitcoin】 - 今、ビットコイン取引を始めるならDMM

参考

  • なし

サーバー1台構成で WordPress 環境を構築する方法〜フェーズ 1-5〜

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

▼フェーズ 1-4はこちらです。

kharuka2016.hatenablog.com

前提条件

  • OS: macOS High Sierra version 10.13.4

  • ブラウザ: Google Chrome バージョン: 65.0.3325.181(Official Build) (64 ビット)

【準備事項】

  • インターネットに接続可能な PC (Windows, Mac OS, Linux 等)

  • 個人の AWS アカウント、もしくは IAM のログイン情報

  • SSH クライアント(Windows 環境では Teraterm を推奨)

  • ブラウザ(Firefox もしくは Chrome を推奨)

※ご自身の PC から、AWS の Web 管理画面にブラウザでログインしたり、SSHAWS 上の仮想サーバにログインできるよう、NW 設備のファイアウォール設定を事前にご確認ください。

フェーズ 1-5: WordPress のセットアップ

ステップ 1: WordPress の初期設定

http:/// を開いて、WordPress の初期設定を始めます。

  1. 「日本語」をクリックします。

  2. 「続ける」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180501083138p:plain

「さあ、始めましょう!」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180501083231p:plain

作成した MySQL の DB 設定に基づき、設定します。

  1. 「admin」と入力します。

  2. 指定した DB 接続用パスワード (wordpress) を入力します。

  3. 「送信」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180501083723p:plain

  1. 「インストール実行」をクリック

f:id:kharuka2016:20180501083854p:plain

WordPress のブログを設定します。

  1. ブログのタイトルを入力(任意のタイトル)します。

  2. ユーザー名を入力します。

  3. ブログの管理者パスワードが自動的に作成されるのでこれをメモしておいてください。もしくは任意のパスワードに変更も可能ですが、脆弱なパスワードは危険を伴いますのでご注意ください。

  4. メールアドレスを入力します。

  5. チェックを付ける

  6. WordPress をインストール」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180501083857p:plain

f:id:kharuka2016:20180501083901p:plain

  1. 「ログイン」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180501083904p:plain

先ほど入力したユーザー名とパスワードを入力します。

  1. ブログの管理者ユーザー名を入力します。

  2. ブログの管理者パスワードを入力します。

  3. 「ログイン」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180501083908p:plain

WordPress の管理者画面が表示されます。

  1. 「投稿」で投稿が可能です。

  2. タイトルをクリックするとブログが表示されます。

f:id:kharuka2016:20180501083912p:plain

f:id:kharuka2016:20180501083916p:plain

f:id:kharuka2016:20180501083919p:plain

Wordpress ブログが実行できていることを確認します。 (nginx の画面が出る場合はリロードしてみてください)

前ページの管理画面に戻るには http://EIPアドレス/wp-admin/ にアクセスします。

f:id:kharuka2016:20180501083923p:plain

▼記事の続きは以下へ。

フェーズ 2-1: Amazon RDS のセキュリティグループを作成 (執筆中です。)

参考

【就活】就活生必見! ぶっちゃけITコンサルタントってどうなの? その6

▼その5はこちらです。

kharuka2016.hatenablog.com

そして炎上案件再び

私が入社した2015年内には終わるはずの案件がまだ続いていた。

大企業の若手社員に案件を選ぶ権利はほぼ無い。

データセンターでの軟禁生活が続き、

無理がたたってか身体に異常をきたすようになってきた。

クソ悪い労働環境とやりがいのない単純作業も相まって、

私のストレスが限界突破!

私は普通の人よりもメンタルやフィジカルを鍛えてきたし、今も鍛えているつもりである。

瞑想をしたり、水泳、ロードバイク 、ランニングは毎週欠かさない。

最近は人生の目標を見失わないために「考える時間」も確保している。

それにも関わらず、ストレスに耐えられなかった。

私のストレス耐性が弱いのか?

いや違う。

自分に合わないことをしていることが問題だと気付いた。

この時、退社することを決意した。

ここに居たら死ぬ! ← これマジです。

もう2017年になろうとしていた時のことである。

私が退社した現在もこの案件は終わっていないであろう。

新卒がこの案件に配属されないことを祈るばかりである。

どうせ炎上するなら小さい案件の方が良い

理由は3つあります。

1. 案件全体をはあくできる

最初から最後まで案件に関われるので、顧客の要件やシステムがしっかりはあくできる。

また自分でシステム構築経験を積むことができることもある。

大規模炎上案件だと、どこのシステムのどこの改修をしているのかも分からないです。

炎上案件にぶち込まれて後は宜しく、フォローなしが大体です。

自力で業務の合間の休憩時間を使ってシステムの全体像をはあくするしかないです。

2. 裁量の幅が広い

少数で案件を回していくことになるので、色々な業務を自分の裁量で出来ます。

大規模炎上案件だと、上からよく分からない代物が降って来ます。

3. 火消しを経験に成長できる

自分で問題点を発見して解決することができます。

大規模炎上案件だと、消すのはほぼ不可能です。

火に油を注いで終わるのがオチです。

業務やシステムの全体像をはあく出来ていないので、当たり前といえば当たり前の話です。

会社を辞めるって怖い?

会社を辞めること自体はリスクでも何でもないです。

何のスキルも身につかない仕事をして会社にい続ける方がリスクは高いので、私は怖いです。

会社は社員を守ってはくれません。

自分の身は自分で守りましょう。

会社を辞める前にしておいて良かったこと

  • 貯金をする

  • 金融リテラシーを高める

  • 自身のスキルを磨く

  • 社外の人に会う

  • クレジットカードを作る

次回からは就活するにあたって、私がどんなことをしていたかを書いていきます。

▼記事の続きは以下へ。

執筆中です。

参考

  • なし

サーバー1台構成で WordPress 環境を構築する方法〜フェーズ 1-4〜

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

▼フェーズ 1-3はこちらです。

kharuka2016.hatenablog.com

前提条件

  • OS: macOS High Sierra version 10.13.4

  • ブラウザ: Google Chrome バージョン: 65.0.3325.181(Official Build) (64 ビット)

【準備事項】

  • インターネットに接続可能な PC (Windows, Mac OS, Linux 等)

  • 個人の AWS アカウント、もしくは IAM のログイン情報

  • SSH クライアント(Windows 環境では Teraterm を推奨)

  • ブラウザ(Firefox もしくは Chrome を推奨)

※ご自身の PC から、AWS の Web 管理画面にブラウザでログインしたり、SSHAWS 上の仮想サーバにログインできるよう、NW 設備のファイアウォール設定を事前にご確認ください。

フェーズ 1-4: Elastic IP(固定 IP)の割り当て

ステップ 1: Elastic IP (EIP) を取得

  1. 「Elastic IP」をクリックします。

  2. 「新しいアドレスの割当」をクリックします。

「関連付ける」を押すと EIP が取得できます。IP アドレスを確認し、メモしておいてください。

f:id:kharuka2016:20180423185701p:plain

  1. 「割り当て」をクリックします。

「割り当て」を押すと EIP が取得できます。IP アドレスを確認し、メモしておいてください。

f:id:kharuka2016:20180423190343p:plain

  1. IP アドレスをメモしてから Elastic IP アドレスをクリックします。こうすることで次の画面で IP アドレスが絞りこまれた状態で表示されます。(「閉じる」を押しても問題ありません。その場合は次ページの画面で自分の IP アドレスを間違わないように選択してください)

f:id:kharuka2016:20180423190602p:plain

ステップ 2: Elastic IP (EIP) をインスタンスに紐付け

前ページで確保した EIP をどの EC2 インスタンスで使用したいか指定します。自分の EIP を確認してから進めてください。

  1. 前ページで取得した自分の IP アドレスが表示されている事を確認の上、選択します。

  2. 「アドレスの関連付け」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423192139p:plain

取得した EIP を EC2 インスタンスに紐付けます。自分の EC2 インスタンスを選択してください。

  1. クリックすると候補が表示されます user1 等を入れることで自分のインスタンスを選択してください。

例)[webserber#1-user1]等

  1. 「関連付け」をクリックします。

  2. 「閉じる」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423192248p:plain

f:id:kharuka2016:20180423192310p:plain

紐付けされた EC2 インスタンスと EIP を確認します。EIP は後で使用します。

  1. 正しく自分のインスタンスに紐付けられたかを確認します。

  2. EIP を再確認(メモ)します。

f:id:kharuka2016:20180423192410p:plain

▼記事の続きは以下へ。

フェーズ 1-5: WordPress のセットアップ (執筆中です。)

参考

サーバー1台構成で WordPress 環境を構築する方法〜フェーズ 1-3〜

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

▼フェーズ 1-2はこちらです。

kharuka2016.hatenablog.com

前提条件

  • OS: macOS High Sierra version 10.13.4

  • ブラウザ: Google Chrome バージョン: 65.0.3325.181(Official Build) (64 ビット)

【準備事項】

  • インターネットに接続可能な PC (Windows, Mac OS, Linux 等)

  • 個人の AWS アカウント、もしくは IAM のログイン情報

  • SSH クライアント(Windows 環境では Teraterm を推奨)

  • ブラウザ(Firefox もしくは Chrome を推奨)

※ご自身の PC から、AWS の Web 管理画面にブラウザでログインしたり、SSHAWS 上の仮想サーバにログインできるよう、NW 設備のファイアウォール設定を事前にご確認ください。

フェーズ 1-3: Amazon EC2 インスタンスの作成

ステップ 1: EC2 管理ページを開く

  1. 「サービス」をクリックします。

  2. 「EC2」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112645p:plain

ステップ 2: EC2 インスタンスの作成

Web サーバーの作成を行います。

  1. インスタンスの作成」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112649p:plain

AMI に Word Press がすでにインストールされている AMI (ami-6cd9050a) を選択します。

  1. 「コミュニティ AMI」をクリックします。

  2. 「ami-6cd9050a」を入力します。

  3. 「選択」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112653p:plain

無償利用枠の「t2.micro」を利用します。

  1. 「t2.micro」をクリックします。

  2. 「次の手順」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112657p:plain

インスタンスの詳細設定を行います。VPC を選択するところでは、自分の VPC を選択してください。

  1. 自分の VPC を選択します。

  2. 「subnet-XXXXXXXX | パブリックサブネット | ap-northeast-1a」を選択します。

  3. 「有効化」を選択します。

  4. 「次の手順」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112704p:plain

ストレージは変更せずに、次に進みます。

  1. 「次の手順」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112708p:plain

インスタンスを区別できるようにタグに名前を設定します。

IAM ユーザーを利用している場合、他ユーザーと区別が付くように -user1 等ユーザー名を付けるようにしてください。

  1. webserver#1- ユーザー名等として他ユーザーと被らないようにしてください。

例)[webserver#1-user1] と入力します。

  1. 「次の手順」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112712p:plain

セキュリティグループ(ファイアウォール)を設定します。

  1. 「新しいセキュリティグループを作成する」を選択します。

  2. セキュリティグループ名は web-ユーザー名としてください。説明にも同じ値を入力します。

例) web-user1

  1. 「ルールの追加」をクリック

f:id:kharuka2016:20180423112715p:plain

  1. 「HTTP」を選択します。

  2. 「任意の場所」を選択します。

  3. 「確認と作成」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112719p:plain

画面を下にスクロールさせて設定内容を確認してから作成します。

  1. 「作成」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112722p:plain

ステップ 3: キーペアを作成する

  1. Ec2handson という名前でキーペアを作成します。

  2. 「新しいキーペアの作成」を選択します。

  3. ec2handson (名前は自由) と入力します。

  4. 「キーペアのダウンロード」を選択して、プライベートキーファイル(ec2handson.pem) をダウンロードします。

  5. インスタンスの作成」を選択します。

※重要 ダウンロードしたキーペアを誤って消さないよう注意してください。次の手順以降に使用します。消去した場合には、新しくキーペアを作成してください。

f:id:kharuka2016:20180423112726p:plain

ステップ 4: EC2 インスタンスの作成

EC2 インスタンスが作成されました。

  1. インスタンスの表示」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180423112730p:plain

ステップ 5: 作成した EC2 インスタンスを確認

EC2 インスタンス一覧の画面では、他ユーザの EC2 インスタンスも見られるため、まずユーザー名等で絞込を行うと便利です。インスタンス作成完了には数分かかります。

  1. ユーザー名を入れてリターンを押すことで表示を絞り込むことができます。

f:id:kharuka2016:20180423112733p:plain

▼記事の続きは以下へ。

フェーズ 1-4: Elastic IP(固定 IP)の割り当て (執筆中です。)

参考

サーバー1台構成で WordPress 環境を構築する方法〜フェーズ 1-2〜

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

▼フェーズ 1-1はこちらです。

kharuka2016.hatenablog.com

前提条件

  • OS: macOS High Sierra version 10.13.4

  • ブラウザ: Google Chrome バージョン: 65.0.3325.181(Official Build) (64 ビット)

【準備事項】

  • インターネットに接続可能な PC (Windows, Mac OS, Linux 等)

  • 個人の AWS アカウント、もしくは IAM のログイン情報

  • SSH クライアント(Windows 環境では Teraterm を推奨)

  • ブラウザ(Firefox もしくは Chrome を推奨)

※ご自身の PC から、AWS の Web 管理画面にブラウザでログインしたり、SSHAWS 上の仮想サーバにログインできるよう、NW 設備のファイアウォール設定を事前にご確認ください。

フェーズ 1-2: サブネットを追加作成

ステップ 1: サブネットを 3 つ追加作成

  1. 「サブネットの作成」をクリックします。

  2. 下記の表の通り入力します。VPC 名は自分のものを選択してください。

# ネームタグ VPC アベイラビリティゾーン CIDRブロック
2つ目 パブリックサブネット ご自身の VPC を選択してください。 ap-northeast-1c 10.0.1.0/24
3つ目 プライベートサブネット ご自身の VPC を選択してください。 ap-northeast-1a 10.0.2.0/24
4つ目 プライベートサブネット ご自身の VPC を選択してください。 ap-northeast-1c 10.0.3.0/24

f:id:kharuka2016:20180419010531p:plain

f:id:kharuka2016:20180419010534p:plain

ステップ 2: 全てのサブネットを確認

ウィザードで作成したサブネットと追加したサブネットを確認します。

※CIDR 列でソートすると見やすくなります。

ステップ 3: パブリックサブネットのルートテーブルを変更

追加した2つ目のサブネット「10.0.1.0」を実際にインターネットと通信できるように、ルートテーブルの割り当てを変更します。(変更するサブネットは 2 つ目のみです)

  1. 「10.0.1.0/24」のサブネットをクリックします。

2.「ルートテーブル」をクリックします。

  1. 「編集」を クリックします。

f:id:kharuka2016:20180419010538p:plain

  1. これまでと異なるものを選択してくだい。

※この VPC にはルートテーブルが 2 つしかありません

  1. 「0.0.0.0/0」が表示されていることを確認します。

  2. 「保存」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180419010545p:plain

▼記事の続きは以下へ。

フェーズ 1-3: Amazon EC2 インスタンスの作成 (執筆中です。)

参考

サーバー1台構成で WordPress 環境を構築する方法〜フェーズ 1-1〜

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのWordPress入門[最新版] (BASIC MASTER SERIES)

前提条件

  • OS: macOS High Sierra version 10.13.4

  • ブラウザ: Google Chrome バージョン: 65.0.3325.181(Official Build) (64 ビット)

【準備事項】

  • インターネットに接続可能な PC (Windows, Mac OS, Linux 等)

  • 個人の AWS アカウント、もしくは IAM のログイン情報

  • SSH クライアント(Windows 環境では Teraterm を推奨)

  • ブラウザ(Firefox もしくは Chrome を推奨)

※ご自身の PC から、AWS の Web 管理画面にブラウザでログインしたり、SSHAWS 上の仮想サーバにログインできるよう、NW 設備のファイアウォール設定を事前にご確認ください。

フェーズ 1-1: コンソールへのログインと VPC(ネットワーク)の作成

ステップ 1: AWS マネージメントコンソールにログインする

IAM アカウントを御利用の場合
  • 会社等で、IAM アカウントをあらかじめ準備されているケース

  • 事前にログイン情報が記載された csv ファイル (user1.csv等) を確認してください。

  • そのファイルに、ログイン用の URL、User Name、パスワードが記載されていますので、それに従ってログインしてください。

AWS のルートアカウント(個人アカウント)をご利用の場合 ← 今回はこちら
  • https://console.aws.amazon.com にブラウザでアクセスしてください。

  • アカウントの E メールアドレスとパスワードでログインしてください。

  • 左上部の「ホームに戻るボタン」をクリックします。

  • すべてのサービスを表示 をクリックします。

ステップ 2: リージョンを変更する

  1. 「リージョン」をクリックします。

  2. 「アジアパシフィック (東京) 」を選択します。

f:id:kharuka2016:20180418173110p:plain

f:id:kharuka2016:20180418173113p:plain

ステップ 3: VPC 管理ページを開く

  1. 「サービス」をクリックします。

  2. VPC と入力します。

3.「VPC」をクリックします。← 今回はVPCと入力後Enter

f:id:kharuka2016:20180418173118p:plain

ステップ 4: VPC の作成ウィザードを開始する

  1. VPC ウィザードの起動」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180418173122p:plain

ステップ 5: VPC 作成ウィザード

  1. 「1 つのパブリックサブネットを持つ VPC」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180418173126p:plain

  1. 「10.0.0.0/16」であることを確認します。

  2. 「handson-ユーザー名」と入力します。

例) handson-user1

  1. 「10.0.0.0/24」であることを確認します。

  2. 「ap-northeast-1a」であることを確認します。

f:id:kharuka2016:20180418173129p:plain

VPC が作成されました。

  1. 「OK」をクリックします。

f:id:kharuka2016:20180418173133p:plain

ステップ 6: VPC のフィルタリング設定(スキップ)

  1. 画面左上の「VPC でフィルタリング」のプルダウンメニューから自分の VPC を選択してください。

※他ユーザの VPC と間違わないように注意してください。

ステップ 7: 作成された VPC の確認

  1. VPC」をクリックします。

  2. 先ほど作成した VPC が存在するか(正しく絞り込めているか)を確認します。

  3. 「10.0.0.0/16」であることを確認します。

f:id:kharuka2016:20180418173137p:plain

ステップ 8: ウィザードで作成されたサブネットを確認

  1. 「サブネット」をクリックします。

  2. サブネットを選択します。

  3. 「10.0.0.0/24」であることを確認します。

  4. 「ap-northeast-1a」であることを確認します。

f:id:kharuka2016:20180418173141p:plain

ステップ 9: 作成されたサブネットの Route Table を確認

VPC のネットワークアドレス 10.0.0.0/16 のターゲットが local に、デフォルトルートの 0.0.0.0/0 のターゲットがインターネットゲートウェイ (igw-XXXX)になっており、インターネットと通信できる設定になっています。

  1. 「ルートテーブル」をクリックします。

  2. 内容を確認します。

f:id:kharuka2016:20180418173147p:plain

▼記事の続きは以下へ。

kharuka2016.hatenablog.com

参考