kharuka2016のブログ

日々の出来事を書き留めておくブログ

はじめてのAzure仮想ネットワーク間接続(VNetピアリング)

Azureテクノロジ入門2016 (マイクロソフト関連書)

Azureテクノロジ入門2016 (マイクロソフト関連書)

【前提条件】

場所:東南アジア

リソースグループ:RGSEA

仮想ネットワーク:VnetSEA1 10.0.2.0/24 Subnet-1 10.0.2.0/25

仮想マシンWindows Server 2012 R2 Datacenter

 名前:VMSEA1

 VMディスクの種類:HDD

 ユーザー名:*****

 パスワード:*****

 サイズ:Standard A1

場所:東南アジア

リソースグループ:RGSEA

仮想ネットワーク:VnetSEA2 10.0.4.0/24 Subnet-1 10.0.4.0/25

仮想マシンWindows Server 2012 R2 Datacenter

 名前:VMSEA2

 VMディスクの種類:HDD

 ユーザー名:*****

 パスワード:*****

 サイズ:Standard A1

■リソースグループ、仮想ネットワーク、仮想マシン作成手順については以下記事などを参考にしてください。

kharuka2016.hatenablog.com

【接続手順概要】

1.仮想ネットワークVnetSEA1側で仮想ネットワークVnetSEA2に対するピアリングを追加

2.仮想ネットワークVnetSEA2側で仮想ネットワークVnetSEA1に対するピアリングを追加

【接続手順】

1.1.左ペインで仮想ネットワーク、VnetSEA1と選択し、ピアリングをクリックします。

f:id:kharuka2016:20170704141308p:plain

1.2.+追加をクリックします。

f:id:kharuka2016:20170704141514p:plain

1.3.仮想ネットワークでピアリング先の仮想ネットワークVnetSEA2を選択します。

f:id:kharuka2016:20170704141510p:plain

1.4.OKをクリックします。

f:id:kharuka2016:20170704141537p:plain

1.5.ピアリング状態が開始済みとなっていることを確認します。

f:id:kharuka2016:20170704141557p:plain

2.1.VnetSEA2も同様に設定し、ピアリング状態が接続済みとなっていることを確認します。

f:id:kharuka2016:20170704141616p:plain

2.2.仮想マシンVMSEA1からVMSEA2にpingが通ることを確認します。

f:id:kharuka2016:20170704141628p:plain

Windows Firewallの受信の規則「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 - ICMPv4 受信)」を有効にしてください。