kharukaのブログ~お金と技術とキャリア~

Edu Fin~金融×教育~若いうちからお金について学ぶってだいじ!学んだテクノロジーはみんなの財産。過去、現在、将来の人生についてのブログ

仮説思考~序章 仮説思考とは何か~

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

背景

本書を読むに至った経緯は、私が典型的な「枝葉の男」*1タイプであり、それを克服したいためです。先天的に仮説思考を苦手とする上に、後天的にも日本教育という仮説思考とは真逆の思考教育を受けてきたので、目的達成への道のりは長いかもしれません。仮説思考を習得するまで諦めずに頑張ります。

序章 仮説思考とは何か

情報が多ければ正しい意思決定ができる?

NO。そういう仕事は人工知能に任せましょう。

早い段階で仮説をもてばうまくいく

ゴールへの道のりもわからないままに仕事を進めるのは時間の無駄です。ゴールへの道のり(仮説)を持ちましょう。

現時点で「最も答えに近い」と思われる答え

彼女にお腹が空いたから今晩何か御飯作ってと言われた場合、ゴールは彼女が今晩食べたいご飯を作ることです。間違っても彼女の嫌いなご飯を作ることはしない方が良いでしょう。喧嘩になってしまう恐れがあります。食べ物の恨みは怖いですからね。笑

まずゴール(課題)を明確にする必要があります。彼女の食べ物の好み、今朝の朝食は把握しているものとします。彼女の食べ物の好み、今朝の朝食、晩御飯であることからある程度メニューの候補が絞り込めます。絞り込んだ2,3のメニューが現時点で「最も答えに近い」と思われる答えです。絞り込んだ2,3のメニューの内どれが良いか彼女に来てみましょう。彼女が食べたいメニューがあれば自分の立てた仮説は正しく、なければ自分の立てた仮説は間違いです。

仮説思考を身につけるために

本書では以下の四点についてできるかぎり具体的に述べたい。

  • 仮説思考を身につけることによって、どんなメリットがあるのか?

  • どうしたら仮説を構築することができるのか?

  • 立てた仮説を検証し、進化させていくにはどうしたらいいのか?

  • 仮説思考力を高めていくには日常どんなことをしたらいいのか?

限られた情報からゴールを仮定し、失敗を恐れずtry and errorを繰り返しましょう。失敗から見えてきた必要最低限の足りない情報を補い、迅速かつ正確にゴールを把握しましょう。そうすれば、最終的にはゴールへより早くたどり着き、より良い結果を出すことができるでしょう。

▼記事の続きは以下へ。

kharuka2016.hatenablog.com

参考

*1:当時、筆者は「枝葉の男」と評されていた。細かい分析は得意だし、ちょっとしたアイデアをすぐ思いついた。しかし、幹の仕事、つまりコンサルタントとしてのもっとも大事な仕事である問題解決の全体像が描けないでいた。