kharukaのブログ~お金と技術とキャリア~

Edu Fin~金融×教育~若いうちからお金について学ぶってだいじ!自分が学んだテクノロジーはみんなの財産!過去、今、将来の人生!についてのブログ

【就活】就活生必見! ぶっちゃけITコンサルタントってどうなの? その5

▼その4はこちらです。

kharuka2016.hatenablog.com

就職活動中こんな人に出会ったその1

絵に描いたようにコミュニケーションが出来ない人

選考中集合写真を撮ったのですが、どんな選考だよ?ってのはさて置き、

選考後フェイスブックメッセンジャーである人とやり取りしていて、「フェイスブックなどで写真の掲載はやめて下さいね。掲載する場合はモザイクかけるなど加工をお願いします。」という旨のメッセージをしたら、急にキレ出して「じゃあお前もストレージデータ、レジストリまでデータが残らない様に消しておけよ。」という旨の返信が返って来ました。

エンジニアにはこういう偏った考え方の人が本当にいるんやなと正直ビックリしました。

こういう人と仕事をするのは無理ですね。

就職活動中こんな人に出会ったその2

グループ面接中に泣き出し、帰り際に捨て台詞を吐く女性

グループ面接での私の発言が余程気に入らなかったのでしょう。

グループ面接は5人ほどで行われました。

私は面接官から見て右端に鎮座しておりました。

おとなしく、一般的な就活生のふりをするのって大変ですね。笑

女性は私の右隣にザ優等生か!?というくらい綺麗な姿勢で座っていました。

アレです!ハーマイオニー。笑

以下、面接のやり取りです。うる覚え

面接官「あなたの好きな科目は?

その他「〜」

女性「数学です。なぜなら、正解が明確であり論理的に答えを求めることが出来るからです。〜」

私「数学です。なぜなら、大学院での数学の研究には答えがないからです。今まで誰も解決したことが無い問題に対して、論理的に試行錯誤することが私のやりがいです。御社での仕事も同様に正解が無いことばかりだと思っています。また正解がある仕事(単純労働?)があるならば、それはそれを得意とする人に任せれば良いと思います。」

私の発言後、女性の目には涙があふれんばかりにたまっていました。

女性の中で何かが崩壊し始めたのでしょう。

大学・大学院までに学ぶ数学といっても専攻などによりけりですよね。

彼女の学んできた数学私の学んできた数学が違うということは理解できます。

そして重要なことは、学んできた数学が異なるだけであって、それに正解や優劣は無く、それをどう活かす・活かせるかだと私は思っています。

その後も同じような面接が繰り返され、私の発言が彼女に少しずつダメージをあたえていたのでしょう。

ついに女性のダムが崩壊。

面接の帰り際のオフィスロビーにて、お友達受験しに来ていたのでしょうか?、友達に

※お友達受験:一緒の大学に行こうね、というノリで友達と一緒に企業面接を受ける行為。

女性「隣の男(私)が話被せて来て、私の発言全否定されてマジ最悪だった。何様なの?〜

聞こえてますよー。お姉さーん。笑

わざと聞こえるように言っていたのか分かりませんが、正直性格悪いなと思いました。

私はこういう人とは働きたくないですね。

また、オフィス(もっと言えばオフィス周辺)を出るまでが面接ですよ。

なぜかというと、受けている企業の社員がオフィス周辺、電車内にはたくさんいるからです。

その社員に「こんな子とは一緒に仕事したくないな」と思われたら損ですよ。

特に、女性の就活生は目立つのでお気をつけて。

余談ですが、

面接のステップが進んでもまだこういうヤバイ人が残っている場合は、受けている企業にもヤバイ人しかいない確率が高いと思うので、気をつけて下さい。

統計的なデータでは無いです。

私の勘です!笑

就職活動中こんな人に出会ったその3

思い出し中、、、

まとめ

就活生の皆様

自分を見失わず、また他人へのちょっとした配慮も忘れずに就職活動頑張ってください!

他人に偉そうなことを言える立場では無いので、私も日々精進です。

ありの〜ままの〜

次回からはまたITコンサルタントについて書いていきます。

▼記事の続きは以下へ。

執筆中です。

参考

  • なし