kharukaのブログ~お金と技術とキャリア~

Edu Fin~金融×教育~若いうちからお金について学ぶってだいじ!自分が学んだテクノロジーはみんなの財産!過去、今、将来の人生!についてのブログ

はじめてのPython AI プログラミング~Chapter4 英語はパターンで覚える~

はじめてのPython AIプログラミング (BASIC MASTER SERIES)

はじめてのPython AIプログラミング (BASIC MASTER SERIES)

▼Chapter3はこちらです。

kharuka2016.hatenablog.com

前提条件

Chapter4 英語はパターンで覚える

1. 文字列操作のキホン

文字列を途中で改行するためには、トリプルクウォート「'''」または「"""」を使います。

mac(日本語キーボード)でバックスラッシュ(\)は「option + ¥」で入力できます。

pythonではブラケット [] で文字列のインデックスを指定出来るだけではないよ。

スライス [:], [::] といった変わった文字列操作もできます。

  • input
str='1,2,3,4,5,6,7,8,9'

# string[start index:end index:step]
print(str[::1])
print(str[::2])

print(str[2:-2:1])
print(str[2:-2:2])
  • output
1,2,3,4,5,6,7,8,9
123456789
2,3,4,5,6,7,8
2345678

スライスを使うと簡単に文字列のリバースが出来ます。

  • input
str=input('逆さまにするよ--->')

print(str[::-1])
  • output
逆さまにするよ--->あたしはレイです
すでイレはしたあ
ファイル
  • slice1.py

  • slice2.py

2. 規則動詞の現在分詞と過去形を答える

  • 関数とメソッド

オブジェクトを指定しないものは関数。

例)

print('Hello world!')

a=input('入力してね。--->')

import math
b=math.sqrt(4)

※モジュールは例外です。

メソッドはオブジェクトに対して実行します。

オブジェクト.メソッド名(引数)

例)

str='レイだよ〜'
str.replace('レイ','kharuka')
ファイル
  • answer_prog_past.py

3. 規則動詞の現在分詞と過去形の問題を解く

私は面倒くさがりやなので母音判定は手抜きして、taple、in や not in を使いました。

...
vowel=('a','i','u','e','o')
...
    elif(present[-3] in vowel) and\
        (present[-2] in vowel) and\
        (present[-1] not in vowel):
            prog=present+'ing'
...

本書籍(写経しているテキスト)では if と elif の間に prog =''が書かれていますが、写経するとエラーが出て動きませんでした。

if 文の途中に変数の初期化を書くのも気持ち悪いですから、if 文の前に書くことにします。

本書籍の説明の順序がイケてないだけでした。

それとも私の読解能力が低いだけ?

pythonそんな自由な書き方できるんやと思った私はアホでした。笑

ファイル
  • answer_prog_past.py

4. 英文は文型で覚える

執筆中。

ファイル
  • str_format1.py

  • str_format2.py

  • Ray_answer_English_writing.py

GitHub Repository

github.com

▼記事の続きは以下へ。

執筆中。

参考