kharukaのブログ~お金と技術とキャリア~

Edu Fin~金融×教育~若いうちからお金について学ぶってだいじ!自分が学んだテクノロジーはみんなの財産!過去、今、将来の人生!についてのブログ

【FLOC】ブロックチェーン用語集 基礎検定編 Part2(2019年3月10日執筆)

エンジニアスクールFLOC

ビットコインとブロックチェーン

ビットコインとブロックチェーン

▼前回の記事はこちらです。

【FLOC】ブロックチェーン用語集 基礎検定編 Part1(2019年3月9日執筆) - kharukaのブログ~お金と技術とキャリア~

トランザクションアウトプット

トランザクションの出力(アウトプット)は主に2つの要素(金額と宛先)でできている。

任意の相手にビットコインを送金するということは、送り先のビットコインアドレスとつなげられた「まだ使っていないトランザクションアウトプット」を生み出す、ということです。ここで初めて、この「まだ使っていないトランザクションを、受信者が使うことができるようになり」、トランザクションアウトプットとなります。

UTXO(Unspent Transaction Output)

未使用のトランザクションアウトプット。

マークルツリー

取引データをブロックヘッダに要約して書き込む際に用いられている技術。

Segwit

scriptSigをトランザクションから分離させて管理することで取引データの改ざん防止とサイズ圧縮ができる技術。

segregated witnessの略。

ScriptSig

まず、ScriptPubKeyはlocking scriptとも呼ばれアウトプットで使用する条件を指定します。例えば、ScriptPubKeyによってビットコイン送信先のアドレスを指定します。

続いて、ScriptSig(unlocking script)でインプットでの条件を解除します。これによりアウトプットで再度UTXOが使用できるようになるのです。アウトプットで条件をロックし、その条件をインプットでアンロックすると考えると理解しやすいかもしれません。

総当たり攻撃

総当たり攻撃(そうあたりこうげき)とは、暗号解読方法のひとつで、可能な組合せを全て試すやり方。力任せ攻撃、または片仮名でブルートフォースアタック(英: Brute-force attack)とも呼ばれる。

一般的にハッシュ関数の弱点と言われている。

ハッシュ関数使っても、数打ちゃ当たるってことですね。

▼記事の続きは以下へ。

【FLOC】ブロックチェーン用語集 基礎検定編 Part3(2019年3月10日執筆) - kharukaのブログ~お金と技術とキャリア~

参考

ビットコインとブロックチェーン

ビットコインとブロックチェーン